各部署紹介

看護部

220-200入院をお受けする所は回復期の病棟です。

大腿骨骨折や人工関節置換術、脳梗塞、脳出血などの脳血管障害等により身体の機能が低下した患者様にリハビリを通して、“その人らしい生活”に戻れる支援をさせて頂いております。

患者様が多少の機能低下を認めても、住み慣れた自宅へ退院できるよう、入院時から退院支援に努めています。

介護保険の申請の関わりから、住宅環境の把握、退院後の支援について等々、患者様だけでなく、ご家族やケアマネージャー等を交えて検討をすすめております。在宅での生活を支援する在宅(退院)支援看護師の育成に力を入れております。

 

院内研修会

看護部では毎月1回、勉強会を開催しています。

年間の計画を年度初めに立案し、院内外の講師を迎え、開催しています。テーマは病気についてだけでなく、院内感染対策、医療安全対策、褥創対策と処置など幅広く企画しています。 専門職として日々、変化をとげる知識の習得に努めています。この他、毎年1回、院内の研究(活動)発表会も開催しています。看護師、介護福祉士、看護補助者とすべての職種が、日々の業務の中で感じた疑問や、現在実施している看護の質の向上に向けての取り組みを発表しています。

平成26年は、排尿リハビリテ-ションに関する取り組みとして、排尿の自立支援に取り組みました。高齢者の排尿に関する課題を患者様とともに改善できるアプローチを今後も継続してまいります。一方、看護補助者においては、汚物処理室や靴などの不快な臭いに対する改善に向けて取り組みました。"ミョウバン“を用いて消臭する取り組みです。

一定の効果を認めたことも、業務改善につながりました。患者様(利用者様)やご家族が安心して当院をご利用頂き、満足して頂けるような医療・ 看護の提供を心がけ、自己研鑽に努めております。

 

看 護 部 理 念

1. 人間の生命、尊厳及び権利を尊重し、敬意をこめた看護を提供する。

2. 職員相互の専門性を理解し、より良好な協力関係のもと、円滑なチーム医療を展開する。

看 護 部 目 標

1. 安全、安心、安楽な看護を提供し、個々の患者様のQOL向上を図る。

2. 患者様の代弁者として、意思決定が円滑に図れるよう支援する。

実 践 目 標

1. 医療、看護サービスを提供する者に求められる接遇を自覚し、実践する。

2. 自己の危機管理能力を高め、常に安全な看護を展開するとともに、安心、安楽、満足度を高めるための創意工夫をする。

3. 患者様の反応を観察し、必要なときに代弁者として意思表示を支援する。

また、自己(家族)の思いを表出しやすい環境づくりに努める。

 

平成29年 看護部目標

1.患者(利用者)の目標達成が60%を超えられるよう支援する。

2.WLBの充実を図り、職業人としての資質向上に努める。

実践目標

1.患者(利用者)や関係する人々との連絡・調整を適宜行い、ニーズを把握する。

2.情報は書面に残し、カンファレンスでも共有を図り、他部署と連携強化する。

3.患者(利用者)目標は月に最低1回は評価し、達成に向けて調整をする。

4.好感をもてる挨拶、言葉遣い、態度を意識し実践する。

5.時間を意識した業務を展開し、プライベートの時間を確保する。

6.研修会の参加や、資格試験への挑戦などにより、自己研鑽に励む。

評 価

1.6月と12月の看護部ミーティングにて評価する。(個人目標は、同時期の自己評価と看護師長による面接にて評価とする)

2.各部署内の目標は毎月、ミーティングで評価する。

 

 

 薬剤部

実践目標

当院で作成した「医薬品の安全使用のための業務手順書」を遵守し、特に患者様情報を収集・管理・活用し、収集した情報を関係する職種間で共有し、患者様の薬物治療における安全性を確保する。

 

放射線部

職業倫理

1.わたくしたちは、医療を求める人びとに奉仕します。

2.わたくしたちは、チーム医療の一員として行動します。

3.わたくしたちは、専門分野の責任をまっとうします。

4.わたくしたちは、人びとの利益のために常に学習します。

5.わたくしたちは、インフォームド・コンセントを尊重し、実践します。

 

栄養部(九州医療食株式会社)

日々の健康と命を支える3度の食事をみなさまにしっかりとお届けする。
私たちの願いはその食事を食べた方の笑顔を見ることです。

私たちが提供するサービス。

1.プロフェッショナルなスタッフ。

 おいしさに豊かなサービスマインドをプラスして、あたたかみのある給食サービスをお届けします。

2.安心の地元食材を使用

 地域に密着した万全の仕入れ能力をいかして、地元・九州の新鮮で安全な食材を中心に、「こだわりの食材」を提供します。

3.個別対応

 徹底した現場への目配り・気配りから、患者様にご指示いただける充実した給食サービスを実現します。